読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deracine shimaken!2

主に(ほとんど)食べ物の記録です。クッキングとかです。iphoneで書いています。

那覇散歩2

真和志の与儀から、那覇の開南に向かいます。

この、真和志とか那覇とか首里とか小禄とかの地名は、いつまで通じるのだろうか。

逆に言えば、大昔に合併したのに、いつまでたっても消えていないとも、言える。

f:id:shimaken9801:20170328180203j:image

与儀の裏道。なんか、個人的にビビッと来た家。瓦屋に、緑がいっぱい。小さな駐車場に軽自動車。

必要最低限かつ、自然にも囲まれ、手入れして美しさを保ち、凛としている暮らし。

オレを引きつけた。

やっぱり、散歩はいいよ!

(・∀・)イイヨイイヨー

f:id:shimaken9801:20170328180436j:image

この、ジュリオが、色あせていて経年劣化で美しさを醸し出している。

(・∀・)イイヨイイヨー!

f:id:shimaken9801:20170328180535j:image

緑いっぱい。鉢植えが美しい。

オレもやりたいな。

今は初心者なので、家の中で観葉植物を育てています。

f:id:shimaken9801:20170328180700j:image

与儀の市場通りです。この雑貨店は大昔からあった。天ぷら屋もかろうじて残っていた。

f:id:shimaken9801:20170328180806j:image

樋川。プラモデルにしたいような、木造の家。オレは一所懸命お花を育てているような家が好きみたいである。

オレは無趣味だが、どうやらこの方向に趣味を広げた方が、幸せになれそうである。

f:id:shimaken9801:20170328181002j:image

金色のシーサー。金色は初めて見たかな。周りに溶け込んでいて、別に浮いてもいなかった。

f:id:shimaken9801:20170328181056j:image

開南の農連市場にやってきました。この、壊れた木造建築の1階では食堂をやっています。小さな女の子がお店から出てきました。

21世紀とは思えない風景。まるで、終戦直後のようだ。

f:id:shimaken9801:20170328181258j:image

農連市場。ちゃんと営業していた。終戦直後じゃないよ。

f:id:shimaken9801:20170328181341j:image

ほらね。今風の軽自動車がとまっています。

f:id:shimaken9801:20170328181413j:image

れいじゃない。都会の雑然。

 

まるで、大昔に戻ったような、開南の風景であった。

 

つづく