Deracine shimaken!2

主に(ほとんど)食べ物の記録です。クッキングとかです。iphoneで書いています。

バカッター問題で考える

ブログをやっているが、なんでやっているのだろうか、とか考えることもある。自分の中では、実は文章を書く練習であったりもする。

自分は紙のノートに、いろいろと書きつけることもあるが、このブログとは内容が違っている。

つまり、読む相手が居ることを想定して書いているわけだ。不快な内容とかは基本的には避けたい、が何を書いても気に入らない人は気に入らないものだろう。

であるから、書いてある内容は、何でも書いて良いわけではない。ある一定のルールに基づいて書いているわけだ。

いろいろなブログがあるが、みんなすごいものだ。意外とみんな、ちゃんとルールを守って書いている。例えば実名は避けるとかだ。別に、何を入力してもエラーメッセージが出たりすることもないので、ある意味で高度な、世間の「空気を読む」技術が求められているとも言える。

実際は書いている人も居て、自分が知らないだけかな。世の中には、個人の悪口とか書きまくっている人も居るかも知れないね。けれども検索の上位に決して出ないから、気づかないだけかも知れないね。むしろ芸能人のツイッターのほうが誰だか分かってしまうことも多いから、大変かも知れないね。

まあ、そうやって、考えながら書くことも頭の体操にはいいかも知れないね。

ただ不思議なのは、自分は文章を書くのは好きなんだけど、おしゃべりは基本的に苦手だったりする。コミュニケーション能力には、文章力はあまり役に立たないかも知れないね。

なるほど、ブログとかツイッターとかは、案外話し下手の人に言論の場所を与えているという側面もあるのかも知れないね。