Deracine shimaken!2

主に(ほとんど)食べ物の記録です。クッキングとかです。iphoneで書いています。

老いのすばらしさ


f:id:shimaken9801:20180531105114j:image

朝、散歩すると海辺にカワイイ花が

 

 こんな記事が出ていた

https://toyokeizai.net/articles/-/221131

50歳を過ぎたら同窓会に出席してはいけない

ちょっと、ウチアタイするところも感じながら、たしかにそのとおり、だとも思う。ただ、気になるのは、若い人は年寄りとは話ししたくないだろうな、とも思うところもあるのだ。作者の文章に感じないのは「愛」だ。

話に出てくる嫉妬とかやっかみとかの部分には同意する。未来の話も多少はわかる。ただ、オレは、自分の体もろもろの衰退というものを自分の中で受け入れ、「老い」というものを、これでもかと感じ受け入れていく。それが、「成長」だと思うのだ。

その、「成長」の先には「死」がある。「死」というものを認識したときから、いかに今現在の、「生」というものが素晴らしいものなのか、あらためて噛み締めていく。

これが、若いときには元気すぎてなかなか気づかないのだ(オレが言っているのは「こころの若さ」であって、実年齢には直結しない)。そうして大切な時間を浪費してしまう(それも、また、良いのだけどね)。老いるということは、こういった内的成長の機会であり、「ありがたい」ものだと思うんだが。

まあ、経路や理屈はどうであれ、

「今の素晴らしさ」

に気づいたものがちなのかも。

 

ただ、作者は若者の意見にふれたいようである。ありがたいことです。この文章を読んでいて作者に対して「若い」オレは、「キミはお年寄りの介護をやってみたら、とてもよい教養を得られると思うからやってみたまえ」と言いたい気持ち(チクリ)

 

おわり