Deracine shimaken!2

主に(ほとんど)食べ物の記録です。クッキングとかです。iphoneで書いています。

生き抜く強さ

f:id:shimaken9801:20160728031310j:image

彼女がご飯を作ってくれた。

自分とは違った味で、これまた美味しかった。もちろん、感謝でいっぱいだ。ありがとう。

 

たまにでよい。

 

オレには、「生き抜く強さ」に関して強いこだわりがあるのだと思う。

「男より稼ぎ女より生活力がある」を目指して鍛錬してきた自負があるからだ。自分の母親は、料理を作りたがるが、自分は家を出てから母親の料理は食べていないし、食べたいとは思わなかった。オレは母親から料理や生活に関する心は習得したが、その生成物には関心が無かったのだ。生活力が落ちるのを恐れていたのである。母親は生活のすべてを支配し、父親をコントロールする術に長けていた。オレは、ずっとそれを警戒していたのである。

 

オレは女性に囲まれて成長してきたため、強さの概念がほかの男性とは異なっていた。しなやかでしたたかな女性の強さの方を身につけていた可能性が高い。男性を手玉に取る方法などを女性の先輩から学んできたのである。

オレは病人やお年寄りに接する機会が多かった人なので、いろいろ見てきたが、「男は弱い」。むしろ「男らしさ」にこだわるような男の方が脆い。現に奥さんが亡くなると弱りきって亡くなる男は多いが、逆はほとんどいない。むしろ生涯独身の男性の方が強いのを見てきた。

精神的に自立しているのは女性の方なのかも知れない。ならば、その強さを手中に収めるだけである。

経済力と生活力の鍛錬は、一人じゃなくても怠るつもりはない。