Deracine shimaken!2

主に(ほとんど)食べ物の記録です。クッキングとかです。iphoneで書いています。

ステーキを焼く


f:id:shimaken9801:20180718072334j:image

彼女が肉が食いたい、と言うので今日はステーキにしますよ。


f:id:shimaken9801:20180718072424j:image

マッシュポテトも作ります。


f:id:shimaken9801:20180718072449j:image

できましたー。

 

ケンカはおわり、また元のさや。

夫婦喧嘩は犬も食わぬ、とはこのこと。

可笑しいね(^^;)

 

ただ、ありがたいことだと思うね。

一人だと寂しいもんだよ。

 

おわり

彼女が、まあ、人間らしい(^^;)


泰葉 フライデー・チャイナタウン [Yasuha - Flyday Chinatown] - YouTube

ワイドショーなどで、お騒がせな話題を提供し続けている泰葉さん。彼女は双極性感情障害(躁鬱病)という病気だそうである。

納得。

ただし、この名曲、彼女自身の作曲である。

すごい才能である。大変に面白い歌。

 

オレの彼女は感情の起伏が激しく、おかしいとは思っていた。自分でもコントロールすることが出来ず、いつも感情に支配され、自分に不利益な行動をとってしまう。オレとのケンカも日常茶飯事である。これまでの人生もメチャクチャである。

オレは、そういう職場で働いていたので、そういった態度にある種の病的なものを感じていた。で、どうにか説得して病院に連れて行った。診断名が付いてしまった。診断は、双極性感情障害(躁鬱病)で、クスリが処方された。

笑った(^^;)

オレは、精神的な疾患?と言うものに病名をつけて、「キチガイ」として、一般社会から隔離するのが、大変に嫌いな人であり、そのことが理由で別れることはしない。

心のぶれが少しぐらい人より大きいだけであって、受け入れていこうとしてはいたが。現実は、厳しいですね。理不尽な思いを二年間、やってきましたけどね。

ただ、振り返ってみても、笑っちゃうことばかりでもある。

今は、このあいだ喧嘩して口すら聞かない状態だけれども。オレは、病気扱いはしないで、「一人の人間」として、対等にぶつかっていくこととする。特別扱いせず、オレと同じ人間として、ともに泣いてともに笑ってともに悲しんでいきたい。同じ人間として、上も下もなく付き合う。

 

結果がどうであれ。

それが、精神科看護に長年携わってきたオレの答えだ。特別扱いや差別はしない。

 

ただ、彼女は別れたいみたいよ。

自分は変えられないけど、迷惑をかけたくないそうだ。

 

自分でも、わかっているのだ。 

 

おわり

海の日


f:id:shimaken9801:20180716124518j:image

今日は世間は海の日らしいですね。

 

こうやって、沖縄に帰ってからは海のそばにばかりすんでいますけど、東京にすんでいた頃は、海を見るために江ノ島までクルマで行く必要がありました。ミニクーパーを運転して、八王子・町田・横浜・大和・藤沢などを通って来ました。とおいー!

でも、海が見えたとき感動したものだったよ。

そのときは二年ぶりぐらいに海をみましたけど、砂浜が灰色。で、とにかく人でいっぱい!びっくりしたよ。

「あっそう。ふーん、しょうなんだ」(シャレ)

 

なんと、その時の写真が残っていたぞ。これが、江ノ島の海だ。
f:id:shimaken9801:20180716130326j:image

その時乗ってたミニクーパーの写真も出てきました。


f:id:shimaken9801:20180716130653j:image

これで、友達と飛騨高山とか、伊豆とかにも行ったね。いい思いでだよ。

 

金沢にいたときも、海がどうしても見たくなって、歩いていったことがある。金沢にいたころのオレは、激の付くほどの貧乏で、住んでいた小立野と言うところから、菊川と言うところに降りていって、犀川のほとりを歩いて、片町を通って、大野と言うところまで歩いていったのです。お金がなくて、バスに乗るという発想がなかったみたいです。日本海というものを自分の目で見れたことも、貴重な体験でした。

 

沖縄の海は普通の海ではなかったんだね。当たり前なことは実は当たり前ではなかったんですね。

毎日、海を眺めていますけど、ありがたいことですね。

 

おわり

広告を非表示にする

人間はしょせん人間


f:id:shimaken9801:20180715020640j:image

今日は仕事の後、ジムに行って筋トレしてきた。筋トレと言っても、自分は15分くらいしかやらない。そのかわり、5~6台の機械で小刻みに急いでやって終わる。

帰ってきたら、この食事。パパッと作って食べる。

 

結構、今日の日中は修羅場だったが、語る気にならないし、今現在、心は非常に落ち着いている。そして、今後とも阿弥陀様と一緒に生きていこうと思っているのであった。こんな自分でも許してくれる阿弥陀様がいる。ありがたい。きっと人間は許さないだろうが、阿弥陀様は許してくださる。

オレは人間としてまだまだだが、阿弥陀様は許してくれるのであった。

 

阿弥陀様がそばにいる。いつでも救うために立っている。

幸せな気持ち

 

おとつい、テレビでオウムのお医者さんのドラマがやっていた。まじめな人だったのだと思う。絶対的な存在にすがらなければ、身が持たなかったのだと思う。医療現場は過酷だと思う。

オレも人間の、死や、狂気、痛み、苦しみ、老い、悲しみ、絶望、怒り、イカれた笑いとか見てきたが、それに対して、オレは大したことは出来ないことを痛感した(やるべきことはやるが)何より、深く考える性格だったオレは苦しんだ。このままでは自分が持たない。頭がおかしくなりそうだ。

そういっているうちに心筋梗塞で倒れたので強制ストップとなった。強烈な痛みだったのを覚えている。とても早く対処していただいたので、肉体的には大したこと無かったが、それでも心筋の何割かは死んだ。二週間後には退院してまた仕事に戻った。ただ、倒れて二~三ヶ月後にうつ状態に陥った。オレはオレなりに世のため人のために頑張ってきたつもりだったが、この仕打ちはヒドいと。オレがやってきたことは悪行だったからか?

いきる意欲もなくなり、ただただ仕事が怖くなるのだった。よく青梅の橋から下を流れる川を眺めていたものだ。洪水でも起きてそのまま流されたら最後は荒川に流されるとか考えていたものだ。

そんなころ、ひたすらお寺に通った。阿弥陀様がそばにいてくれるの感じることが多くなってきた。阿弥陀様が救ってくださったのである。

オレの心筋梗塞のことを、人はタバコのせいだとか、自業自得だとか言い放った。それは事実だが、ひどい仕打ちだとその時のオレは感じた。人間というものに限界を感じることになった。そして人間のことを人間なりにしか信用しなくなった。

 

そして、オレも人間なのである。

 

人間を救うのは人間ではない。

 

今日の歌


【日常キャラソン】麻衣の涙の阿弥陀如来 - YouTube

面白おかしい謎の歌だが、オレも同じような気持ちである。

 

おわり

未熟


f:id:shimaken9801:20180714060839j:image

昨日はオレが彼女に腹を立てケンカになった。

 

まだまだ信心が足りないのだと思う。

 

怒りがこみ上げてきたときこそ、念仏すべきなのだ。

 

おわり

広告を非表示にする

ヒラヤーチーを焼く


f:id:shimaken9801:20180713070741j:image

昨日は彼女は夜勤だったんだけど、LINEが来た。

「ヒラヤーチーが食べたい」

で、今日の夕ご飯は、ヒラヤーチーにします。


f:id:shimaken9801:20180713070902j:image

ヒラヤーチーというのというのは、たぶん、漢字に直すと「平焼き」

沖縄風お好み焼き、と言ったところです。オレは食べたこと無いけど、韓国料理のチヂミと言うものにそっくりらしいよ。


f:id:shimaken9801:20180713071031j:image

こんな感じに焼くだけだよ。

中には何を入れたっていいわけだが、オレはヒラヤーチーの定番、チリビラー(にら)と紅ショウガを入れたよ。


f:id:shimaken9801:20180713071149j:image

できましたー。

こんにゃくとわかめのサラダ。

コンニャク麺入り卵スープも一緒です。


f:id:shimaken9801:20180713071245j:image

定番の食べ方は、ウスターソースに七味唐辛子だけど、オレはお好み焼き風で食べました。

 

彼女も満足。良かった!

 

オレはあまりテレビを見ない人だけど、彼女がいるときはテレビがついている。なんか、オウムの人のドラマみたいのがやっていて、考えさせられた。

 

おわり

病院ギライ


f:id:shimaken9801:20180712140225j:image

オヤジの面会にきた

 

病室に来た時は、リハビリに行こうとしているときだった。しばらく待たないといけないらしい。病棟で待つ気にはとてもなれず、病院の外に出た。

暑いのにも関わらず。

病院に来て、モニターの音とかを聞くのがイヤなのだ。テレビも医療系のドラマがやってたら変えちゃうし、健康番組なんてもってのほか。サプリメントとかのコマーシャルもウザイ。

 

親には、病院の人には自分のことを言わないように言ってある。だいたいは、同業者は警戒されるからである。

 

おわり

休みの昼間

台風がすぎたので、クルマが塩だらけで、汚れています。ガソリンスタンドで、洗車をしにきました。

すごい行列ができてます。

 

待っている間に、NHKでサラメシという番組がやっていて、無性にご飯が食べたくなって仕方がない。

外にあるいていって、外食してみることにした。


f:id:shimaken9801:20180712131235j:image

こんなお店がありました。入ってみます。


f:id:shimaken9801:20180712131315j:image

日替わりランチを頼みました。

最初にサラダとかが出てきました。


f:id:shimaken9801:20180712131340j:image

とっても丁寧で家庭的な料理です。

 

大満足なうえに、勉強になった。

 

外食もいいね。一人だと寂しいから、あまり行かないなぁ。

 

おわり

メッシー君


f:id:shimaken9801:20180711091644j:image

ご飯を作りますよ

今日は最近気に入っているいなむるちと、ちゃんぽんをつくります


f:id:shimaken9801:20180711091735j:image

できましたー。

うまいよなー。

彼女も、来て食べて、職場のグチ言って、サッサと帰っていった。お皿洗ってよー、といったら洗ってくれた。

ゴハンできたらLINEでよんでっ」ってさ。

わらわす(^-^)

 

けど、かわいいんだよ。

 

 

やっぱり、食べることは、いきる楽しみだとオレは思っている。そして、作ることも。別に、値段が高いものとか、人がうらやむものとか、他の人がおいしいというものでなくてよい。

オレがおいしければ、それでよい。

 

オレにものすごい影響を与えた動画


刑 務 所の中 食事シーンlong keimusho no naka【Japanese movie】 - YouTube

 

おわり

女性優位と自己防衛


f:id:shimaken9801:20180709141958j:image

これは、弟とインドカレー屋さんに行ったときの写真です。すっごい、おいしかったよ。

ナンっておいしい。

 

今日は休みだけど、前日は彼女の新居に泊まった。彼女の新居と言っても、オレの家から500mほどしか離れていない。あんなに別居したいと行っていた割には、かなり近いところだ( ´ ▽ ` )

もう、たいへんね。かわいいからいいけどね。

お金も手間もパワーもかかって、けっこう大変だったのは事実かな。

で、今日は前の家から彼女の家に荷物が運ばれてくる日。彼女は冷蔵庫なども新調したので、今日届いたのだ。オレが彼女の家で留守番をしている。

夫婦というのは一つの家に一緒に住んでいるのが普通だとは思うが、それがイヤなので別居。結婚はしていないよ。ただ、彼女の経済的な事情もあり、つきあって2週間で同居が始まったという面白い関係だ。

まあ、好いた惚れたも3年で飽きるもの。子はかすがいという言葉もあるので、世の中には嫌々ながら同居している夫婦も、たくさんいると思うので、もしかすると子供が出ていった熟年夫婦の新しい形として、日本に定着してくるかも知れない。まあ、オレはおばさんたちのグチとかワイドショーとかの情報でものを言っているので、本当はどうかわからないけどね。ノロケ話は恥という文化もあるしね。

まあ、だいたいは女性のほうがイヤ!という場合がほとんどだと思うので、男性諸君は経済力と生活力だけは落とさないようにした方がいいかも知れない。

残念ながら資本主義なので、財布の紐だけは握らせないように、生活能力を鍛え続けるように、自己防衛していく能力が、これからの男性には求められているのかも知れない。

 それか、不平不満を言わず、我慢強く、慈愛に満ちた女性を捜すことだろうと思う。

だいたいそんな人は若いうちに結婚しちゃっていると思うけど。オレも不平不満を言わず、すべて許して仲良く楽しくやっていくことが必要なのだろう。相手もそう思っていることだろう。

 

おわり

 

 

 

利害の一致


f:id:shimaken9801:20180708141056j:image

イナムルチという郷土料理と、なぜかカレーだよ。

イナムルチと言う味噌汁だけど、つまり、イナ(いのしし)ムルチ(もどき)という意味だよ。

 

今日の昼休みは、さっさと弁当を食べて、100才のオバーと話していた。というか、ずっと相づちを打ちながら、ほとんど聞いているだけだが。耳も聞こえづらいだろうしね。全部、沖縄の方言だから、質問が来たときだけ答えることがおおいね。オバーは寂しがり屋サンだ。人が来たらうれしそうだよ。それ以外は寝てる。でも自分からは動けないから、部屋に誰か来るまで待つしかないよねぇ。ただ、そのことも、何もかも忘れちゃうんだよね。

認知症というのは、実は救いなのかも知れないね。

 

オレもそうだが、寂しいんだろうね。それが人間なんだろうね。

 

それで、オバーの所にきた。オバーは寝ているだけだが、オレと利害が一致していたんだなぁ。

 

 

おわり

日本はいい国だよ


f:id:shimaken9801:20180708091710j:image

きょうも今日もいまから仕事です。

写真はさっきの与那原の海。7月8日(日)午前9時17分

 

沖縄にまた、大きな台風がきます。心してかかります。

本土のみなさんも大変な豪雨だったそうです。みんな大丈夫だよね(^^;)一緒にがんばろうね。

 

日本はとっても細長いですけど、広い範囲をカバーしている面白い国だと思います。日本だけで、奥が深すぎて、理解するにはオレごときの頭では容量不足。どうりで、海外に行く気が起きないわけか(>_<)

でも、日本が大好きだよ(政治的なことを言っているんじゃないよ)あっちこっちにすんで、いろんな所の皆様に、本当によくしてもらった。大切なものもいただいたよ。オレの心の支えだよ。

 

日本はいい国だよ。

 

おわり

 

ゆかたまつりに行く


f:id:shimaken9801:20180707122823j:image

昨日は彼女と浴衣祭りというものに行ってきました。

浴衣を着ている人がほとんどいないのが県民性。

おそらく、浴衣というものを持っていない。

オレもそう。

そもそもが、湯船につかるという習慣がない。

よって、浴衣というものがどういうものなのか、わからないかも知れない。

なんで、ゆかたまつりを開催したのか?(つっこみ)
f:id:shimaken9801:20180707122933j:image

ガチャピンもきていました。

よなばるしにはばあんに?
f:id:shimaken9801:20180707123003j:image

こんな風に出し物もやっていました。

フラみたいのをやっていました。

ふらーふーじーあらんどー
f:id:shimaken9801:20180707123029j:image

チューハイを買おうとして、お金を渡したら同じ職場の人だった。

広いはずだが、狭い世界。

 

言われてみたら、佐敷と与那原からほとんど出ていません。

 

おわり

がんばろう(*´・ω・)(・ω・`*)ネー


f:id:shimaken9801:20180706071243j:image

昨日はオヤジが入院している病院に面会に行った。この病院はオレが働く予定だったが、辞めて東京に出たので、オレ的には変な感じがするところだ。(結果的にオレは若い時期に最適な選択をした)

東京でお寺に通い、信心を固めることになったので、本当に大切なものをいただいた。築地にも行った。

この病院には休みの度に行くことにする。

 


f:id:shimaken9801:20180706071847j:image

ローソンで焼き鳥食べてたら、猫ちゃんが来ました。かわいい。オレはネコ好きなんだけど、彼女が猫嫌い。たぶん、彼女がネコみたいな人だからだろう。だから、可愛くて憎めないのか。なるほど。


f:id:shimaken9801:20180706071018j:image

最近、仕事の前に、海岸そばの駐車場で一日のスケジュールを立てることが多くなりました。

隣にとまっていたかわいい軽のバン。センスがとてもいい。

 
f:id:shimaken9801:20180706072155j:image

今日はこんな感じです。

やらなくてはいけないこと、やりたいことを、とにかく頭の外に出します。それを検討して、TODO化してひたすら実行するわけです。

 

みんなも、がんばろうね(^-^)

 

おわり

わたしの先生


f:id:shimaken9801:20180705065413j:image

「わかるよねー?、チャメー!!」

 

沖縄でブレイク中です。芸人さん扮する「護得久栄昇先生」です。沖縄以外では、ウケないとは思います。県民が笑うツボがあるようです。


護得久栄昇 「愛さ栄昇節」 - YouTube


f:id:shimaken9801:20180705065431j:image

今日は彼女のリクエストで、白米チキンカツカレーにしました。彼女が好きなアボカドわさびもあります。彼女は、朝に帰りました。なんか、別居してからラブラブです。彼女にとっては、ちょうどよい距離感だったのかも知れません。40もすぎて一緒になったので、それぞれ自分の生活の基本パターンを持っていたのでした。お互いを尊重しながら楽しくやっていこうと思います。

 

いま、休日の朝だけど、なんかのんびりしたい感じ。昨日の仕事のことが引きずってる。実は最善の選択をしたが、はたしてベストだったのか。

過ぎたことを考えても意味がない。思考を断ち切る必要があります。

 

そんなときに助けてくれるのは、阿弥陀様です。

なまんだぶ

 

そんなときに見るのが、このご法話です。


法話「楽に生きる」沖野頼信先生/真宗大谷派大阪教区「銀杏通信」 - YouTube

 

沖野先生ありがとう

 

おわり