Deracine shimaken!2

散歩とか食べ物の記事が多いブログです。日記みたいなものです。

仕事に臨む

f:id:shimaken9801:20191122074313j:image

今から仕事だが、仕事前に目標を立てるよう努力している。

どうせ仕事するなら、なにか学べるようにしたほうが良いし、自分の持ち味は成長が止まらないところにあると思っているからだ。

あと、何をするにも阿弥陀様と相談しながらできるのが理想の姿ではある(なかなか出来ないが)

なんか、昇進を意識すると、気分が引き締まるのであった。もし課長になるのなら、看護課長らしい姿勢や振る舞いというものがあるだろう。これまでのようなお気楽人生では済まないかも知れないが、「面白そう」

オレ、遊ぶの下手くそだし。

ただ、もうこの年なので、あまり意識したらだめなのもわかってるんだよなぁ。あと、仕事が忙しくなっても生活力は落としたくない。

 

今日のうた


木之内みどり _ イマージュ (高音質)

木之内みどりさんがお亡くなりになりました。繰り返しアルバムを聴いたものです。本当にありがとうございました。亡くなったから終わりではなく、先にお浄土で待っているだけであると聞いています。

 

おわり

オレのアイドル

オレは25歳で本土に渡った。

 

看護学校に入学するためだったが、沖縄県民にとって「本土(日本)」というのは、最初から「別の国」なのはわかっていたのだ。それを躊躇して一生、沖縄から出ずに過ごすものが大多数なのが沖縄県民なのである。もしかしたら、島国の宿命かもしれない。なぜかというと、広く捉えると「日本」という島国から「世界」に飛び出すものが圧倒的に少ないのと似ていると思うからだ。

 

オレが看護学校に入ると、オレは他の皆さんより7歳上のおじさんであった。女性とも話す機会が少なかったオレはいきなり苦境に立たされることとなった。シーツ交換の実習の相手が見つからない💦オレより年上の人は、いまやオレが「お姉さま」としたっている人しか居なかった。オレは純情で馬鹿だったのでお姉さまに「あなたしか頼れない」と言った覚えがある。お姉さまは受け止めてくれた。コーヒーを飲みに誘ったり、金沢から福井?までクルマで送っていってもらったこともある。それゆえに、オレは「お姉さま」と慕っているのである。その当時から恋愛感情?みたいのもなかったのを覚えている。甘えんぼのオレはどうにかすがりたい一心だったのだろう。その当時のオレは阿弥陀様も信じていなかったので、とにかくすがる対象が欲しかったのだと思う。

お姉さまはいいなぁ。オレの彼女は、甘えんぼさんでどう考えても妹にしか思えん💦(彼女も妹の立場が心地よいようではある)

たしかに、かわいがっている(オレと3ヶ月しか違わないんだけどなぁ)。オレは言葉に出して「かわいい。かわいい」というタイプなので、オレ自信も原因の一つかもね💦ただ、相手もしょうがないやつだなぁ、とか思っていると思うよ😁

 

日本にやってきたオレは感動した。日本の人は優しい。申し訳ない(お姉さまも困ったことだろう)

 

その当時のオレは、生き抜くのに必死で恋愛感情というものすらもわからなかった。明日食べる飯とタバコ代が出ればそれで良かったのだ。今考えても、もう少し余裕のある人生設計ができなかったのだろうか(ではなく、その時の苦労が教訓となりオレは、その後の人生で、お金に困ることはなくなった)

ただ、オレは7歳上の余裕もあってか、まわりの高校を出たての女の子の気持ちも理解できた。ひとりだけの男性の相手をしてやろう、とかいう余裕のある女の子はいないだろうなぁ。と。18歳だしね。ただ、オレの前の番号のしのはらさんという女の子が、やけに大人でオレを救ってくれた。この子は一浪してこの学校に入ったようで苦労を知った子であった。一年生のときは、このしのはらさんのおかげで助かった。十年目の同窓会にオレはがんばって金沢まで来て出てみたが、しのはらさんは沢山の子供のお母さんであった。最初から心が座っていたのだと思う。オレなんかより。

 

同窓会の日、お姉さまはオレに会ってくださった。ありがたいことだと思う。オレはバカな子供のままで、酒をとことん煽ってひっくり返って東京に帰った(今はそんなことしないと思う)

オレの看護学校3年間の間の救いはお姉さまであった。

迷惑をかけるわけにもイカないとかとは思っていたが、なにせ精神年齢が低すぎた💦

オレは、看護学校3年で10年分の成長をした。

 

お姉さまが救ってくれなかったら、オレは金沢のことが嫌いになっていただろうと思うし、そうなると、阿弥陀様に出会わなかったかもしれない。そう考えると、お姉様の力が今のオレの心の支え(阿弥陀様との出会い)を作ってくださった(ご縁)と言えるとも思うのだ。

 

オレにとってのアイドルは、金沢のお姉さまである。

 

今日のうた


菊池桃子 【夏色片想い】

オレが古いアイドルの歌しか載せないのは、オレにとって「アイドル」というのは、オレより年上じゃないといけないからである(基本的にオレも甘えんぼなんだろう)

 

おわり

ピザ屋に行く

f:id:shimaken9801:20191121104328j:image

昨日は彼女と北谷のピザ屋さんに来ましたよ。

彼女はピザが好きなのであった。

彼女は明日から新しい職場での初夜勤なので、応援の意味も込めて、オレのおごりです。


f:id:shimaken9801:20191121104426j:image

バイキング形式の食べ放題です。まあ、そんなには胃に入らないけどね。なんか、ゴチャゴチャしていて、うまそうには見えないね💦

 

また昇進話が出たが、今度は受諾する方針にした。そのかわり、主任ではなく、いきなり課長なら受けるという条件をつけた😝

わらわす。

 

 

おわり

イカの墨汁

実家の親のところに顔を出しました。今度、父親が入院するのです。

肩が痛いので手術するそうだ。オレの親父は片手しかないので、一本の腕で二倍の負担であっただろう。オレの親父は戦争のせいで片腕になったのだ。しかも若い頃はスポーツをよくやっていたので、酷使してきたのかもしれない。父親の親戚もほとんど戦争で死んだ。

 

にも関わらす、食ですよね。

 

ご飯は、イカの墨汁でした。沖縄の料理です。真っ黒ですが、海のような味がして、おいしいよ。

おかずはパパイヤの炒めものです。これも沖縄料理。沖縄では熟れていない青いパパイヤを千切りにして、おかずにして食べるのです。

自分は、料理を自分で覚えたので、日本っぽい料理が多いが、母親は沖縄の料理が多いようです。

さすがです。

 

ところで、ご法話を聞いていると「煩悩から逃れられないこの『私』を救わずにはおれない阿弥陀様がいる」と聞き、本当に心が楽になり仕事もやりやすくなった。煩悩まみれのオレみたいなやつでも救うと言ってくださるのである。

 

今日のうた


高田みづえ「青春II」1979年9枚目シングル 曲のみ

誰の作った歌でしょう?(本人も歌っていますよ)

 

おわり

地理クイズ〜〜!

f:id:shimaken9801:20191119123213j:image

Q. 銭湯の多い都市はどこでしょう?

 

↓     

↓     

↓     

↓     

↓     

↓     

↓     

↓     

↓     

↓     

 

A.ニューヨーク

(これ、地理でもなんでもない💦)

 

おわり

それにしてもウマイ

f:id:shimaken9801:20191119122347j:image

袋のラーメンもうまいねぇ。

もやしとニラものせましたよ。

これもまた、お店で食べるのとも、カップラーメンとも違い、うまいんだよねぇ。しかも5袋入って180円くらいだしねぇ。

卵は10個で180円くらいだしねぇ。

それにしてもウマイ。

 

おわり

うまいもんはウマイ

f:id:shimaken9801:20191118070352j:image

なぜかレトルトのカレーが食べたかったので食べてみました。

 

うまい!手作りのカレーもお店のカレーもいいけど、レトルトのカレーもまた、いいんだよなぁ。

 

それにしても、食べ物の話ばっかりです。

 

年を取るにつれて、どんどんマズローの欲求段階が下がっているように感じる。だって、自己実現しなくても、社会的に認められなくても、とくに人に愛されなくても、認められなくても、すでに救われていることがわかったんだもんなぁ。それがわかったので、ヘンな位付けはいらん。

 

オレは若いころ、食というものにほとんど興味がなかった。オレの興味はアニメの絵とか動きとかに向いていた。オレの特徴は、アニメの話にはあまり興味がなく、オープニングの映像を繰り返し何十回もみて、それを紙に写して書く。みたいな感じだった。

 

昔の話はいいとして、やっぱり食ですよね。

 

食べることは生きること、とかあとから付けた屁理屈はどうでもいいとして、はっきり言ってうまい。オレはうまいものを求めて行動することなどを、程度の高いことだと思っておらず、なんでうまいのかもわからない。

だって、水道の水がうまくて感動することもあるもんな。だったら、十何年のウイスキーとかになんの意味があるよ。うまいという感情に、へんなステータスなんかいらん。みんながうまいと思うものをオレがうまいと思うかは、オレの心に聞く。

まあ、話のネタとして知っておいてもいいと思うが、むしろそれを趣味をしている人の話を聞く呼び水として知っておけばよい。話している相手も幸せになるだろう。

 

おわり

ハンバーガー雑談

f:id:shimaken9801:20191117141604j:image

昨日は彼女とバーガーキングに行きました。

いつもは骨汁ばっかり食べに行っているので、たまにはいいね。なんかね。いつもハンバーガーは少ないなぁ、とか思う人なのでビッグセットというものを頼みましたよ。自分は思うけど、バーガーキングは安くてうまくて量も多いと思う。彼女にもおごりましたよ。

ワッパーというものが大きくて、満足する量でしたよ。これぐらいの量がないと、とても足りないなぁ。まあ、ポテトとかジュースとかもとると、ハンバーガーは小さくしないと、普通の人はお腹に入らないのかな。足りない人はもう一個頼めばいいだけだしね。

ハンバーガーも、家で作るのと外で食べるのでは全く別物になる食べ物だね。ハンバーガーは外で食べたほうがいいね。

むかし、患者さんを連れてマクドナルドに行ったことがあったけど、その患者さんはハンバーガーを10個頼んだね。100円のハンバーガーが10個で千円。賢い買い方だなぁ。オレもやりたいなぁ。ただ、お店の人はセットを売りたいだろうから、悪いなぁとか思ってる自分もいるけど、そんなの気にしていたらダメだよね。別に恥ずかしくもないけどね。

はっきり言ってマクドナルドの、ただのハンバーガーですでにかなりうまいしね。ある意味、完成している味だよね。チーズとか野菜とか入れなくても、すでにうまいよね。まあ、大人買いできる年にはなったんだけどね。あ、10人に配るケースも考えられるから、お店の人にも別に迷惑でもないよね。

 

皆さんはどうですか?(「どうでもいい」という声が聞こえてくるような💦)

 

おわり

腐れ縁?

オレの彼女は昨日、泊まっていった。

一緒に寝て、朝起きると、コーヒーを沸かす。

彼女と過ごす、この時間が好きだ。

彼女はいろいろな話をしてくれる。まあ、愚痴が多数であったが、新しい職場の愚痴があまり聞かれない。よかった。新しいところは、いいところなのかな。なぜか尋ねると、オレに言われ、できるだけ言わないように努力しているとのこと。ううん。別に、言ってもいいんだけれどもさ。

彼女は、写真に写っているものをやっているそうな。なんという名称の趣味か、彼女も答えられなかったのだけれども、見たら大体わかりますでしょ?この地道なプチプチ作業を何十時間も続けると、やっとで一枚の絵が完成する。

今日は、朝から晩まで一緒に居た。

 

約束する必要もないのだが、この人は、これからもずっとそばにいるような感じはした。

 

おわり

溢れてきた分を舐める

f:id:shimaken9801:20191115123423j:image

この、最近の特筆すべきことのなさというのは、一体何なんだろうか。

年を取るにつれてどんどん、一日一日がどうでも良いものに感じられてきている。

欲と言っても、食う飲むくらいしかなく、しかも充足している。最近は株価が好調なため、お金を使っても資金はむしろ増え続けている。

 

コップの水を一気に飲んだらだめだ。

コップから溢れてきた分を舐めるのだ。

(昔の映画のセリフ)

 

おわり

備えあればうれいなし

オレの親父が急速に老け込んでいる。

 

オレは、親のところに行く機会を多くしている。本屋で写真のような本を見つけたので、母親の分も合わせて買ってきた。この本はお医者さんが描監修しており、どちらかというと医療寄りに書いてある。例えば経管栄養を希望するかとか、細かく書かれており、これなら実用に耐える。おそらく弁護士さんなどがエンディングノートを監修したら、金銭面や相続に力点がおかれ、このようにはならないかもしれない。

自分は、ずっと前から「死」に向き合い、「老」に向き合い、目の前の問題から逃げずに取り組んでいこうよ。と親に話しており、最初の頃は特に母親が抵抗を示したが、今は了解が取れている。

今度、海外で働いている弟が帰ってくるときに、子どもたちで両親のことについて話し合う予定になっている。

 

このブログは氷河期世代の読者を想定しているので、皆様も同じような感じなのではないでしょうか。

うまく乗り切るコツは、一人で抱え込まず、施設などの公共サービスの力を借りて、気楽に(でも押さえるところは押さえて)、決して仕事は辞めずに続けることだと思います。親は親。親のために自分の人生を潰したりしてはなりません。最初は自分でやることも大切だと思います。そして、介護というものは、とてつもなく大変なことを認識する。それがわかったうえで、プロの力を借りるのです。自分でまずやってみて、その大変さもわかるから、面倒を見てくださる人々への感謝の念も湧くと思います。

 

一緒に頑張ろうね!

 

おわり

皮膚科を受診する

f:id:shimaken9801:20191113102709j:image

今日の休みは皮膚科に行った。

半年ほど前から、お腹や背中が痒くなり、しょっちゅう掻くので、職場の軟膏を勝手に塗っていたのだ💦

ただ、なかなか良くならず、皮膚も変色してきた。彼女も病院に行ったら?と言うし、こりゃあちゃんと見るしかないかな?とか思い皮膚科のクリニックに来たのだ。なんで病院に来なかったかというと、カネが惜しいのと、基本的に病院がキライだからだ。

クリニックにつくと、またまた受診票みたいのを書かされる。職業とか書いてある。なんで病院を受診するのに仕事を教えないといけないのか?とか思っているオレは無職と書いておいた。オレは循環器科に通っているが、職業欄に正直に、書いてしまい、入院中にとても「変な」気の使われ方をしたので、それ以来、病院を受診するときには職業は明かさないようにしている。

気持ちはわかる。オレもお年寄りの家族欄が医療関係者だと、まず最初に警戒モードに入るからだ💦その気持ち、よくわかる。

住所も空欄にしておくと、書いてくださいと言われ仕方なく書く。今飲んでいる薬は?と書かれていたが、コレは副作用などもあるだろうから、バイアスピリン、ダイアート、エパデール、アクトス…などと書いていった。

クリニックなので混んでいなかった。

 

受診一分。

 

治療費1700円💦

先生ありがとうございます。今まで塗っていた軟膏は間違っていたようです。ただし、何を塗ればいいのか分かったので、多分職場の軟膏を塗るだろう。

 

おわり

 

朝の散歩

今日は休み(最近休みが多いのです

久々に、朝の散歩に出ました。朝というより、まだ夜ですね。

なんも写っていないが、これは空。防波堤の先端で寝っ転がってみました。

法話を聞いています。朝から、とても幸せな気持ちに包まれた。

昨日の夜は満月でした。波も静かで、いい雰囲気です。

これは、実はビーチです。なにも見えない。けれども、これを写せるスマホはすごい!

昔のフィルムカメラだったら、シャッターを開けっ放しにしないと写らなかっただろうね。

 

おわり